目的に合わせて貸切バスの車種を選ぶ

貸切バスは、目的に合わせてバスの車種を選ぶ事ができます。以前まででしたら40名以上の団体の方しか使えなかったりしておりましたが、最近では11人程度の非常に少ない人数での利用が可能となっております。そこでこちらのページでは、貸切バスを利用する際にどのような車種から選べるかをご紹介します。

最も多い人数で利用しようと思ったら、間違いなく大型バスがおすすめです。中型バスと小型バスの2台を貸しきるのでしたら、大型バスを1台を丸々貸切バスって移動した方がリーズナブルで自由度も高くなっております。大型バスは、40人以上の団体さんで使用されるために作られているバスで、会社の慰安旅行であったり、新人研修、音楽コンクールや部活の試合など大人数で利用する事を前提に貸し出されるバスです。バス本体の料金は最も高価なのは間違いありませんが、大人数が乗れますので1人当たりの負担はかなり抑えられております。

20人程度の利用でしたら中型バスがおすすめです。非常にコストパフォーマンスの良いバスで、20人前後という人数は、電車で移動するのも大変な人数ですし、車で別れて移動するのも大変です。そのため、中型バスでの移動は非常に理にかなっております。丁度多すぎて収拾がつきにくい人数になっておりますので、利用者が増えております。

最近では中型バスの定員以下の少ない人数での利用が目立っております。特に11人以下の場合にはマイクロバスという自家用車が少し大きくなった程度のバスを利用する事ができますのでかなりおすすめです。

このマイクロバスは、意外に利用しやすい大きさで、地方から都市部に冠婚葬祭の為に集まった親族を、宿泊しているホテルから式場まで連れて行ってくれたり、不動産会社が住宅展示場やモデルルームを複数見てもらうために利用したりなど旅行というよりは、短距離を一度に運ぶ事ができるメリットが大きくなっております。貸切バスの中でも最もリーズナブルな料金となっておりますので気軽に利用する事ができます。

貸切バスには大きさだけでなく設備の違いによって利用するバスを選ぶ事もできます。宴会をされる方でしたら冷蔵庫やカラオケマシンなどのある車種がおすすめですし、社員研修などでご利用の場合には、移動中に研修先の日程であったり、モニターで動画などを見る事が出来るなど、使い方によって貸切バスは様々なメリットが出てきます。どのようにしようしたいかによっても車種が変わって来ますので多角的に判断し、バスの車種を選んでください。