貸切バスだからこそ守りたいマナー

貸切バスは、利用者のお知り合いしかいない状況です。もちろん、車内は隔離されている状態ですので完全ではないにせよプライベートな部分が多くなっております。他の人を気にせずに楽しむ事ができる貸切バスは非常に満足度の高いサービスだと言えます。伸び伸びと移動時間を過ごす事ができる貸切バスは、プライベートなスペースだからこそ守らなければいけないマナーがあります。そこでこちらのページでは、バスを貸しきった際に守らなければいけないマナーについてご紹介します。

バスを貸しきった時に絶対に守って頂きたいのが運転手やバスガイドさんへの配慮です。利用者はお客さんですし、バスの運転手やバスガイドさんはバス会社から雇われている方ですので利用者を優先されるのはサービス的には正しいのですが、それでも限度という物があります。

特にバスを運転中の運転手さんには気安く話しかけないようにしてください。お酒を飲んでいたりすると気が大きくなってしまってしつこいくらい話しかけてしまう方もいらっしゃいますが、大きな事故に繋がる可能性がありますので絶対にしないでください。もし、周りにそういう方がいらっしゃいましたら、必ず静止するようにしてください。

次に覚えておいて欲しいのがバスの中で出たゴミは基本的に利用者が処分すると言う事です。特にバスの中で宴会をされる方は、ビールの空き缶であったり、おつまみの入っていた袋などが沢山でると思います。利用者の中にはそれらをそのまま放置される方もいるのですが、基本的にはNGで、利用者が持ち帰る事になっております。事前に宴会をしたい事を伝えて、ゴミの処理を依頼している場合には、追加料金になる可能性はありますが、処分を依頼することができるバス会社もあります。

意外に忘れがちなのがシートベルトの着用です。貸切バスは一般車と同じくシートベルトを着用する義務があります。特に高速道路を運転中などはしっかりと着用するのがおすすめです。また、座席に座らずに立っている方もいらっしゃるのですが、危険ですので座席に着席するようにしてください。

貸切バスで多いトラブルが遅刻です。観光地で楽しんでいてついつい集合時間に遅れてしまう方が多いのですが、同乗者が知り合いばかりだからと安心しているので仕方がない事かも知れません。しかし、集合時間に遅れてしまうと目的につくのが遅れてしまいますし、場合によっては追加料金が発生してしまう可能性もありますのでしっかりと時間を守るようにしてください。